常に筋肉を使うことを意識することで痩せ始めれる

食事制限ダイエットから学んだこと

 私は去年の5月、好きな人に太っていることを指摘されたことからダイエットを決意しました。その人は少し離れたところに住んでいて、頻繁に会えるわけでもなかったので8月にまた会う約束をし、それまで痩せられるだけ痩せてみせると彼に宣言をしたのがきっかけです。

 

 かといって私にダイエットの経験はなく、どうすればいいのかもわからず選んだのは食事制限のダイエットでした。元が大食いだったので、食べる量を減らせば痩せられるだろうと1日の摂取カロリーを最高1,400キロカロリーまたは1,000キロカロリー以内に抑えるという食生活を始めました。そして炭水化物をほぼ摂らないでキャベツをたくさん食べるということもしていました。学校の購買に行っても、カロリーや炭水化物・脂質などの量を気にし、なかなか買うものを決められないことも・・・。その頃体を動かすシーンと言えば居酒屋のアルバイトや学校やアルバイト先までの行き帰りの徒歩のみで大した運動はしておらず、食事制限だけがあの時のダイエット方法だったと思います。

 

最近では便利なもので様々なダイエットサプリや器具などが販売されています。
酵素ダイエット、スムージーダイエット、青汁ダイエットなどが有名ですよね。
最近検討しているのは、丸ごと熟成生酵素という生酵素サプリで、飲むだけで痩せれる身体に徐々になっていくんだとか。

 

丸ごと熟成生酵素を購入しようか色々なサイトで比較して購入を決定しました。

 

 肝心の体重や見た目はというと、確実に落ちていき見た目も変わっていきました。痩せればもちろん周囲から「痩せたね」と言われるし、それがプレッシャーになり更に食事制限をしていきました。いよいよ8月、夏休みに入り久々に友達に会うと「何だか頬がこけてる」と指摘されたのです。炭水化物は極力摂らないようにしていましたし、その頃はよく動くことを心がけていたので、それもあって痩せられたのかもしれません。

 

 そしていよいよ好きな人に会うと、痩せたと言ってもらえたのですが、それから彼と喧嘩をし、連絡をとることがめっきりなくなってしまいました。私はそのショックから、ダイエットのことを忘れ、我慢していた炭水化物やアイス、お菓子などを食べまくり、ダイエットをする前の食事量を遥かに超えた食生活を送るようになっていました。ダイエットをしていた時は毎日乗っていた体重計もその頃は全乗らないようになっていて、あの頃はひたすら食べていたと思います。

 

 久々に体重計に乗ると、なんと10sもリバウンドしていたのです。最初は信じられず何回も乗り直してみましたが10sのリバウンドは事実でした。ちなみにダイエットで2か月半くらいで5kgくらい落ちました。

 

 それからまたダイエットを決意し今もしています。今度は極端な食事制限、しっかり運動も取り入れ今はジムに通っています。

 

 食事制限は確かに痩せますが、例え何かで1食を置き換えたとしても元に戻せば意味はないな、と個人的に思っています。炭水化物を摂らないと体臭がひどくなると最近聞いて、バランスよく食べることの大切さを再認識させられました。運動をしても食生活が変わらなければもちろん意味はありません。ですが行き過ぎた食事制限はリバウンドするに違いありません。リバウンドしたことは受け入れたくありませんが、この経験から行き過ぎた食事制限のリスクを学べたいい経験だと捉えています。